イベント

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
2017年外国人向けモニターツアー2日目。前編に引き続きツアーの様子をお伝えします。

<前編はコチラ>

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ(前編)

外国人が感じる栗山の魅力(2日目)

①土呂部の自然を感じる

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
日光茅ボッチの会の飯村さんに土呂部の自然や茅ボッチについて話をしてもらいます。

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
土呂部の自然や環境を守る大切さを学びます。

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】かわいらしい茅ボッチから目が離せないのはもちろん、教育としてもすばらしい!という意見も。

②大自然の中でBBQ&そば

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】土呂部のキャンプ場キャンプ・イン・ドロブックルさんに行き、昼食はBBQ&そば。珍しい組み合わせですが、そば処大滝さんのそばと日光サーモンに、BBQ用の野菜は全て栗山産。ここでしか味わえない“食”がたっぷり!

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
もちろんサン様も味わってもらいます。

③鹿革を使ったレザークラフト体験

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
栗そば会によるそば刈り体験を予定していましたが、あいにくの雨で鹿革を使ったレザークラフト体験に変更。

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
ブレスレットやキーホルダーなどの中から自分が作りたいものを選びます。

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
鹿革を見るのも触るのも初めて。想像よりも柔らかい触り心地にみんな驚いている様子。

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
約1時間で、日光産の鹿革を使った自分だけのアクセサリー完成。誰でも簡単に作れます。

④旅の最後にはおみやげ

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
最後は栗山物産センターさんに寄り、おみやげを見ます。都会ではあまり見ないおみやげにクギづけ。

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
買ったその場でさっそく食べちゃう参加者も。

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
おみやげ1つで外国人と話が盛り上がるのも栗山クオリティです。

1泊2日のツアーは無事終了。あっというまに時間が過ぎてしまいました。

もっと多くの外国人観光客に楽しんでもらうためには

「外国語対応ではなく、楽しんでもらいたい気持ちが大切」、「外国人観光客を受け入れるために何かを作ったり壊したりする必要はない」ということは昨年のモニターツアーで気づいた事です。

昨年の気づきに加え、外国人を受け入れるために必要なことをまとめました。

①外国語の資料は本当に必要?

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】
目で見て楽しめる体験は言語を超えて感動できます。着つけ舞やダックツアーなどは「資料いらないよ、見て楽しめれば十分!」という意見もありました。逆に文化や歴史などの話の時はしっかり説明して、楽しんでもらえるようにしたいですね。

②日本に住んでいる外国人?それとも観光で来た外国人?

昨年も今年も参加者は全て日本に住んでいる外国人でした。英語が母国語でない人にとっては、日本語の方がわかりやすい場合もあることがわかりました。

③アクセスを明確に

「栗山にまた来たい!」そう言ってくれる人もいました。「でもどうやって来ればいいかわからない。」外国人が“KURIYAMA”を調べても、日本語以上に情報が少ないです。これからもっと外国語で栗山をアピールしていく必要があります。

④でもやっぱり今の栗山で大丈夫!

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】協力してくれた栗山の人達には日本人と同じように接してもらいました。栗山の人達との交流は栗山でしかできないこと。“交流”も栗山の魅力の1つとして伝えていきたいです。

まとめ

外国人から見た栗山は無限の可能性を秘めている!?外国人モニターツアーレポ【後編】昨年も今年も共通して、外国人にとって栗山は未知の体験がいっぱい。「知らなかった」、「初めての体験に感動した」そんな声が多数聞こえてきました。

栗山でしか体験できないこと、食べられないもの、見ることができないもの、ツアーで体験したこと以外にもまだまだたくさん。まさに無限の可能性を秘めています。たくさんの魅力を1人でも多くの外国人に伝えて、栗山のファンを増やしていきたいです。

NIKKO KURIYAMA HIKYO EXPERIENCE2017 フォトギャラリー(2日目)


 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ごいち

ごいち

投稿者の記事一覧

静岡生まれの栗山3年生。今年から栗山の地域おこし協力隊のリーダーとして活躍中。二次元とアルコールをこよなく愛し、 アニメを見ながら晩酌しないと1日が終わらない。得意技は残像拳。

関連記事

  1. 参加者は過去最高の千人超え! 栗山ふるさとサマーウォーク2012…
  2. 【湯西川温泉かまくら祭】湯西川水の郷スノーパークとライトアップと…
  3. 人気の理由4つ。こんなにも「女子思い」だったなんて。 ネイチャー…
  4. 【6/8(日)】川俣温泉「石焼き2014」 30人限定で体験参加…
  5. 湯西川温泉かまくら祭2012 今年もいよいよ開催
  6. 【湯西川温泉オーロラファンタジー2012 レポ】この夏、必見!
  7. 【湯西川温泉 平家大祭2015】
  8. 【栗そばまつりレポ】幻のそばを実食!売り切れ御免の「栗山そば」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気のアウトドア体験ツアー

【鬼怒川源流・栗山ツアー】関東最後の秘境 アウトドア体験ツアー 【ご報告】はじまりの春。旅女子向け人気旅行ガイド本「ことりっぷ」とコラボ!

かなりゆるい栗コラム

PAGE TOP