栗山の宿もOK とちぎへお得に旅行「第3弾 県民一家族一旅行」

【川俣温泉 瀬戸合峡の紅葉】美しい紅葉をほぼ渋滞なしでゆったり味わえる名所

関東屈指!紅葉の名所、川俣 瀬戸合峡(せとあいきょう)と川俣湖の周辺特集です。 美しい紅葉を、渋滞なしでゆったり見るなら栗山に決まり! ※この記事の写真は過去のものです。最新状況は以下関連ページなどでご確認ください山王林道(奥日光エリアから川俣温泉へのルート) マイクロバスなどの大型不可。夜間から早朝 17:00〜8:00 も通行不可 ※黒部西川線の通行止め 2022年 9/26-4/21
奥鬼怒川エリア(奥鬼怒・川俣)の宿泊 ▶楽天トラベルのオススメ /▶じゃらんのオススメ

川俣 瀬戸合峡 周辺 紅葉シーズンの見どころ

紅葉の見頃 10月中旬〜下旬
最新の紅葉情報 地元民のわたしは、以下をチェックします 国土交通省 川俣ダム管理支所のツイッター をチェック 川俣ダムのライブカメラで紅葉状況をチェック ヤフーリアルタイム検索(川俣ダム)をチェック ヤフーリアルタイム検索(瀬戸合峡)をチェック
ズバリ、①瀬戸合峡と②川俣湖、2つの周辺を見るのがオススメです。 2つ見たとしても、所要時間は約2時間〜(もちろん個人差あり)。 近くには旅館や民宿のほか、ランチ処・温泉もあります。 それとなんといってもここは山奥、この山奥に辿りつくまでの道中も紅葉が楽しめるというぜいたくコースです。

アクセス

瀬戸合峡 マップ

瀬戸合峡 マップ(クリックで拡大)

A〜Eのルートは下の表に対応しています
詳細マップ、ハイキングマップ 瀬戸合峡① 見晴茶屋(グーグルマップ) 瀬戸合峡② 川俣ダム駐車場(グーグルマップ) 川俣大橋 駐車場(グーグルマップ川俣湖畔わくわくハイキングマップを見る(PDF形式)
ルート 5秒コメント
A 鬼怒川温泉・川治温泉 経由 もっともメジャーなルート。途中で鬼怒川や川治にもよれます。なだらかな道なので車酔いが不安な方はこの道がいいかも。 注意点:ハイシーズンは鬼怒川時間帯によって鬼怒川温泉あたりで渋滞も。道路状況を見ながら計画的に通るのがオススメです。
B 霧降高原 経由 日光市の中心エリアと栗山をつなぐ県道169号 日光栗山線(通称 霧降高原道路)を通ります。 ドライブ中に絶景ポイント多し。。景色重視ならこっち。 途中にある「大笹牧場」などで休けいもいいですね(ソフトクリーム!)。 注意点:山道なので、車酔いが不安な方は注意です。
C 山王林道 経由 奥日光エリアと栗山の川俣をつなぐ林道。グンマーからも行けます渋滞はほぼなく紅葉もきれいな穴場的ルートです。 注意点:林道で、霧降高原道路よりも狭い道も多くあり。
D 福島・那須塩原 経由 国道121号→県道23号へどうぞ。栗山の手前の三依(みより)地区の紅葉もGOOD
E 湯西川温泉 経由 土呂部峠を通って行けます。紅葉もよし。

定番ビュー① 瀬戸合峡を上から見る 「見晴茶屋」から(所要時間:30分〜)

見晴茶屋から見る瀬戸合峡の紅葉

見晴茶屋から見る瀬戸合峡の紅葉

瀬戸合峡見晴茶屋

瀬戸合峡 見晴茶屋

まずはなんといっても見晴茶屋(みはらしぢゃや)さん(グーグルマップに行ってください。 瀬戸合峡ビューはここからはじまります。 お店は休業されていますが、駐車場もあり、あまり時間のない方がちょっとだけ見るもOKです。
旧道から見る瀬戸合峡の紅葉

旧道から見る瀬戸合峡の紅葉

(メインの県道でない)旧道ルートも狭くて運転に注意ですが、眺めはバツグン。 むかしはこっちの道しかなかったので、めっちゃ混みまくりで、役場の職員さんが交通整理をしていたのだとか。

定番ビュー② 瀬戸合峡を下までおりて間近で見る 「川俣ダム」周辺を散策しながら(所要時間:60分〜)

駐車場(グーグルマップ)からスタート 景色を見ながら10分くらい歩いていきます。 途中にはこの景色です。 写真の中央に見える、白い四角いやつはなんだかわかりますか? 無線通信における電波の反射板です。 鶏頂山(けいちょうざん、日光と那須塩原の間)方面からきた電波(途中にも反射板あり)をこれで跳ね返して川俣ダム管理支所がキャッチ! 山奥でもこれがあるからこそ、災害を防ぐための無線通信などができるのですね。 さらに資料館があり。

川俣ダム資料館の様子

川俣ダムのことを勉強できます! 資料館をでると…到着です。

川俣ダム 管理支所まわりの様子

ダムの事務所では、ダムカードをGETできます。 玄関にあるインターフォンをおして「オッス!ダムカードください!」と元気よく叫んでください。 そしてここから見える景色が↓です。

川俣ダム天端から見る瀬戸合峡の様子

川俣ダム天端から見る瀬戸合峡(紅葉)

川俣ダム天端から見る瀬戸合峡(紅葉)

川俣ダム天端から見る瀬戸合峡(紅葉)

川俣ダム天端から見る瀬戸合峡(紅葉)

ここで感動して帰って腹へってそばを食べに行ってももちろんOKです。 1時間もあれば駐車場からゆったり見て帰れると思います(写真をいっぱい撮る人は別)。

さらに…「渡らっしゃい吊り橋」へ行った人だけ見える景色も

瀬戸合峡にかかるシンボルの吊り橋「渡らっしゃい吊り橋」にも行けます。 写真でよく写っているあの橋ですよ。 川俣ダム管理支所すぐ横に、遊歩道の入口があります。 ここから片道15分くらいで橋まで行けます。 休けいをいれると+1時間くらいとれるならオススメです。 階段の上り下りがけっこうあるので、けっこう疲れると思いますので、時間にはけっこうゆとりをもって行きましょう。
瀬戸合峡遊歩道 入口

瀬戸合峡遊歩道 入口(入場は15:30まで)

渡らっしゃい吊り橋付近から見た川俣ダム(紅葉)

渡らっしゃい吊り橋付近から見た川俣ダム(紅葉)

渡らっしゃい吊り橋から見た川俣ダム(紅葉)

渡らっしゃい吊り橋から見た川俣ダム(紅葉)

気持ちを表してもらいました

定番ビュー③ 川俣ダム湖 周辺 (所要時間:30分〜)

瀬戸合峡・川俣ダム駐車場から奥鬼怒温泉・川俣温泉方面(西)へむかって車で5分。 川俣大橋周辺の紅葉もセットで見ましょう!
川俣大橋(紅葉)

川俣大橋(紅葉)

川俣大橋から見た景色(紅葉)

川俣大橋から見た景色(紅葉)

雨あがり川俣湖(紅葉)

雨あがり川俣湖(紅葉)

川俣湖周辺にある二本松広場

川俣ダム 二本松広場

二本松広場

夕暮れの川俣湖(紅葉)

夕暮れの川俣湖(紅葉)

その他のオススメ

瀬戸合峡周辺の紅葉

途中の紅葉ドライブをより楽しむポイントをご紹介

間欠泉

川俣 間欠泉

川俣 間欠泉

一定の時間おき(いまは60分程度)に、天然の温泉が約25mほどの高さまでドドドドドーッっと吹き上がります。 ※最近は台風の影響で吹き出しが弱くなっていますのでご了承ください 全国的にもめずらしいですが、自然に湧き上がる間欠泉は、いま関東地方ではここだけ。 展望台には足湯があって、浸かりながら鑑賞することができます。 【川俣温泉 間欠泉】勝負は一瞬。天然温泉がドバァーッ!と吹き出す

川俣温泉 瀬戸合峡周辺 グルメ一例と共同浴場

コロナ禍以降、お店も限られてしまっています。 どのお店も不定休でして、営業されていたらありがたく山の幸を味わいましょう。 はじめて栗山にくる方にはだいたい「またぎの里」のくま丼をオススメしています。 【川俣温泉またぎの里】マタギグルメならココ。くま丼など、熊・鹿・猪たち勢ぞろい 日光で1番山奥の共同浴場なのでけっこう空いている事が多く、穴場です。 【川俣温泉 上人一休の湯】川俣湖畔に湧く出で湯と美しい自然で、くつろぎのひととき

予約サイトで人気宿をチェック

口コミが充実している2大予約サイトが参考になりますよ。
奥鬼怒川エリア(奥鬼怒・川俣)の宿泊 クチコミが充実しているサイト2つ ▶楽天トラベルでオススメを見るじゃらんでオススメを見る
奥鬼怒川温泉 各宿一覧を見る(Webサイト・電話番号あり)奥鬼怒川温泉 日帰り入浴できる宿泊施設、共同浴場 【奥鬼怒川 観光(奥鬼怒・川俣温泉)】鬼怒川源流エリアの秘境的魅力とは? 【クリヤマルシェ】みんながつながる栗山のマルシェ ※2020年は中止