関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

西島秀俊・森山未來・伊勢谷友介 豪華メンバー映画「セイジ」のロケが川俣で!

セイジ 西島秀俊さん森山未來さん伊勢谷友介さん(監督)。こんな豪華な役者タッグで撮られた映画を知っていますか?またそのロケ地がどこかを知っていますか? セイジ 「セイジ 陸の魚」です。今年の2月から上映されました。 ある学生が、旅先で出逢ったセイジという男に惹かれ、物語は進んでいきます。そして思いもよらぬ事件が・・・。実はこの映画のけっこうな部分が、栗山の川俣地区で撮影されました。 セイジ 例えば、物語のメイン舞台となるドライブイン「HOUSE475」(上の写真)。その正体は、当サイトにも何度か登場している瀬戸合見晴茶屋さんです。お店を映画用に改造したのですね。 映画のイメージにぴったりということで、プロデューサーからお店に依頼があったそうです。さらに。 セイジ セイジ セイジ 回想シーンで何度か登場するこのりっぱな橋は・・・ 瀬戸合挟 瀬戸合峡(せとあいきょう)わたらっしゃい吊り橋です。 瀬戸合峡 瀬戸合峡といえば、栃木県有数の紅葉の名所。例年10月中旬頃からいい感じになりますよ。 セイジ 個人的に印象に残ったシーン。「動物に愛を・・・」と訴える動物保護団体に対し、「ただ人間が多すぎるだけだ」と返すセイジ。 川俣には、人が生きていくための狩猟文化が昔からあったので、興味深いやりとりでした。無口なセイジの内面が少しだけ見られる瞬間です。 西島さん、かなりハマってます。セイジの原作も読みましたが、セイジ役はこの人以外いないと思えるくらいです。森山さんは役作りのため、なんと東京からチャリんこで撮影現場まできたそうです。 セイジ セイジ 撮影に協力した「川俣のみなさん」は、目の前の豪華俳優に超興奮状態だったとか。 物事が見えすぎてしまうセイジは、物語の途中で「陸の魚」と例えられます。それはどうしてなのか?セイジが考える「人が生きること」、「人を救うこと」とはどんなことなのか?そして衝撃のラストとは? セイジ ▼セイジを知るなら、DVDか小説で >>セイジのDVDはこちら >>より深くセイジを感じたいなら小説がよいです。130ページ程度なので読みやすかったです。
セイジ 陸の魚 5秒コメント セイジを見てから川俣へ行けば、感動2倍! セイジも訪れた瀬戸合峡の紅葉は、例年10月中旬あたりが見頃です