関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

プチトレッキングに最適。地元民もあまり行かない山奥で発見。 土呂部地区 大滝

おぉ、たしかにあった!土呂部地区にある山の中を進むと、その美しい自然が、ザァザァと音をたてて迎えてくれました。 大滝へはどうやって行くのか? (1)看板からスタート 土呂部の集落(家が集まっているところ)の入り口には目立つ看板があります。ここからスタート。看板の右わきから山に入っていきます。 (2)ぐんぐん進みます 大滝への道は整備されているわけではありません。でも道がな〜んとく分かるので、ぐんぐん進んでいきます。冬でも行けないことはないですが、しっかりと装備することが必要です。10〜15分程度で大滝につきます。途中転びやすい坂道もあるので、注意しましょう。 (3)川が見えたら、ゴール目前です プチトレッキング、おつかれさまでした。 大滝さん、こんにちは 目の前に広がる雪景色や、滝が落ちる音。澄み切った空気が気持ちいい。大滝は、名前の割にはすっごい大きいわけでないのですが、それがまた土呂部の風景にあっている気がします。 ちなみに土呂部の方は「土呂部生まれ土呂部育ち」が多く、小さい頃から何度も行ったことがあるため、最近は大滝を見ていない人が多いみたいです。地元にある名所ってそういうところ多いですよね。 冬ならぜひ見たい大滝の「氷瀑」 栗山でも1番寒い土呂部。1月〜3月初旬の最も寒い時期、滝の一部が凍りつきます。思わず長い時間みとれてしまいました。
土呂部の大滝 5秒コメント 往復で約30分のプチアドベンチャー 近くへきたらぜひどうぞ。

より大きな地図で くりやまっぷ (5秒でくりやま) を表示