関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

新聞屋さんが配達できない地区の、ユニークな工夫とは?

栗山は、いわゆる山奥にあります。新聞屋さんの営業所からも遠いので、世間では一般的とされる「配達員さんが一軒一軒の家庭へ新聞を配る」ができない地区があります。では、どうしているのでしょうか? <目次> ユニークな新聞配達
  1. 新聞屋さんがこない。どうするべ
  2. 栗山人が開ける秘密の箱
  3. バスが通らない地域はどうするか?
1. 新聞屋さんがこない。どうするべ。 村の人たちは知恵を絞りました。その答えは、「バスを使えばいいんじゃね?」。毎日、観光バスが栗山内を走ります。それを利用しようぜという作戦です。 バスは具体的に、栗山のとなりの地域にある鬼怒川温泉(きぬがわおんせん)駅から、栗山の、湯西川(ゆにしかわ)方面や川俣 (かわまた)方面へ行きます。そしてバス停に停まるついでに、新聞紙をおいていくのです。さらに、おいておく場所が面白い。 2. 栗山人が開ける秘密の箱 どどーん。これわかりますか?そうです。あの、お肉や野菜をおいしく保存する便利なあいつです。新聞紙をおくなら他のものでもよさそうですが、こいつがいいのです。 こうして、地域で暮らす人々は、毎朝バスが通ったあとにこの箱まで行って、自分が頼んでいる新聞をとって家にかえるのです。だから、こいつなしでは栗山の情報伝達は語れません3. じゃあ、バスが通らない地域はどうするか? 気になったので町の人に聞いてみました。郵送だそうです。郵送なので、朝には届きません。私が聞いた家庭では11時過ぎに届くとのこと。郵送代が毎日かかるので、通常の新聞1か月分よりも高いです。 そんなこともあって、その地区では新聞をとっている方は少ないそうです。テレビが主な情報源なんですね
新聞配達 5秒コメント 山奥の生活に不便は多いけど それを知恵を絞って文化にするのが栗山です