fbpx
湯西川・川俣・奥鬼怒の宿をチェック

新発見!夜の川俣ダムは「360°天然プラネタリウム」

140514 kawamatadam2014 04

いつもの風景も、視点を変えると新しい魅力が生まれる

それを感じずにはいられない、ある夜のできごとです。

川俣ダムの夜空がすごいことがわりました。

まず宣伝。「川俣湖畔ハイキングマップ」完成

140514 kawamatadam2014 13

川俣温泉エリアの1番の観光スポット「瀬戸合峡(せとあいきょう)」の遊歩道

先月末のオープンにあわせ、川俣ダム周辺のハイキングマップが完成しました。

140514 kawamatadam2014 14

これ、すごいです。

例えば「権現様(ごんげんさま)コース」とか、川俣で60年以上暮らすベテランも知らないルートなども。

マニアックな見どころもいっぱいです。

川俣ダム管理支所などで入手できますが、以下からもダウンロードしてGETできます。

140514 kawamatadam2014 12

さて川俣ダムについて、前から思っていたことがありました。

川俣ダム周辺の星空って、もしかしてすごいんじゃ?

…ということで、今回、川俣ダム管理支所の方に特別に許可をもらって、川俣ダムの星空を調査しに行くことになりました。

実際には、一般の方は入れません。

一体どんな感じなんだろう。

4月末の晴れた日、ダム&星仲間のNさんにメッセージを送りました。

「今夜、例のやつ行ってきます」

急に思いたったことだったし、現場がどんな感じかわからないので、まずは単独で下見するつもりでした。

そしたらおそらく仕事中だったNさんから意外なコメント。

ちなみにNさんの職場から現場まで車で1時間以上かかります。

 

・・・

 

Nさん「夜8時半くらいにそちらに行けます」

 

・・・

 

行けるんかい!

トンネルを抜けると…衝撃的な景色が

140514 kawamatadam2014 07

140514 kawamatadam2014 06

な、なんだこれは…

 

360°天然プラネタリウム!

満天すぎるのもいいところだ!

 

ダ、ダムはどうなんだ!?

(そのとき、Nさんはすでに本気ダム撮影モードに…さすが!)

初公開!これが川俣温泉の星降るダム

140514 kawamatadam2014 08

おぉぉ

140514 kawamatadam2014 10

140514 kawamatadam2014 09

おぉぉっぉおぉぉぉぉ!

ふるえました。

夜のダムで大人2人が大興奮!

この景色はすごい。

 

しかし、30分ぐらいたったところで空が曇り、星が見えにくくなってしまいました。

 

残念ですが、どうやら今日はここまでのようです。

これは川俣温泉のチャンスだ

140514 kawamatadam2014 05

念のためもう1度言いますが、今回は特別で、ふつうは夜に川俣ダムへ行くことはできません。

あぶないし。

しかし、妄想はふくみます。

140514 kawamatadam2014 04

たとえば最初の写真。

吊り橋は真っ暗ですが、灯りをつけたらそこにはどんな風景が?

いろんなところが協力して、星降るダム見学ツアーなんてやったら?

現時点では雲をつかむような話です。

でも地域に新しい魅力を作るときって、こんなときこそチャンスなのかもしれません。

おもしろいことやろうという声が増えてくれば、何かが動く可能性はあるのかも。

 

そのときはまた改めて紹介します。

すごく感動した夜でした。

栗山の潜在能力はやっぱすごい!