関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

民宿福冨士がTVに登場!栗山の民宿のよさをみっちゃんがPR

131210 fukufuji 01 みっちゃん、TV出演おめでとうございます!先週、全国放送(テレビ朝日スーパーJチャンネル)で家康の里(野門地区)の民宿福冨士(ふくふじ)さんが登場しました。「見逃したぜよ!」というファンのためにも、簡単に紹介します。

日光市栗山郷の民宿の良さとは?

131210 fukufuji 25 テレビの企画は「1万円以下 料理自慢の宿」。全部で3つありました。
  • 「リ・カーヴ箱根さん」
  • 「伊東温泉ホテル あいおらさん」
  • 「我らがみっちゃん 福冨士さん」
箱根温泉&伊東温泉!全国でもトップクラスの知名度を誇るツワモノたちと並んで、日光市栗山郷の大健闘!TVプロデューサーさま、あなたはお目が高い!グッジョブ! テレビでは当然、みっちゃんや民宿福冨士さんの紹介なのですが、5くりは気づきました。これは・・・福冨士さんだけなく、栗山郷の民宿全体の良さを伝えているではないか!
  1. お客さんとスタッフとの距離が近い
  2. なつかしくて美味しい、手料理
  3. お財布にやさしい。休日でも安いところもあり
・・・の3点は、日光市栗山郷の民宿に共通するいいところなのです。TV放送にのっかって、1つ1つ紹介します。

(1)お客さんとスタッフとの距離が近い

131210 fukufuji 03 民宿は名前のとおり、基本的にはふつうの家に泊まるイメージです。建物は旅館より小ぢんまりとしていて、スタッフは家族で経営しているところが多いですね。 だから宿泊者にとっては、おかみさんなどスタッフとの距離が近く、「人のよさ」を感じやすいのも特長です。 131210 fukufuji 05 すごいリピート率。みっちゃんに会いたいからまた行く。「人とのふれあい」がますます大切になっている証拠ですね。ちなみにみっちゃんは夕食のとき「おかめのみっちゃんです」と挨拶することがあるから油断できません。

(2)なつかしくて美味しい、手料理

131210 fukufuji 24 とにかく種類が豊富で、栗山の名物がこれでもかというくらい出てきます。TV放送にそって一部を紹介します。

栗山名物いろり料理

131210 fukufuji 04 131210 fukufuji 06 大人気の芋の煮っころがし。 131210 fukufuji 10 イワナの塩焼き!炭で焼いたイワナはひと味もふた味も違うことを、お客さんもわかっている様子。 131210 fukufuji 11 一升べら!これでお酒が一升(いっしょう、約1.8リットル)飲めるぜ!ってことから名付けられたようです。湯西川温泉のいろり料理でも定番ですね。 131210 fukufuji 14 131210 fukufuji 15 栗山郷の伝統食「ばんだい餅」。もち米ではなく、ふつうのごはんに使う「うるち米」で作るのがポイントです。 <関連記事>

いろり料理だけでなく、御膳料理も

131210 fukufuji 16 131210 fukufuji 19 131210 fukufuji 18 131210 fukufuji 17 マタギ文化のある栗山郷。やっぱり鹿ははずせないです。

いつも話題になるアイツもやっぱり

131210 fukufuji 12 ちっちゃな頃から悪がきでかなり暴れたそうですが・・・ 131210 fukufuji 13 今はすっかり丸くなりました。しかし、これだけ騒がれる伝統食もめずらしいですね。 <関連記事>

栗山名物 手打ちそば

131210 fukufuji 20 131210 fukufuji 23 福冨士さんの場合は、料理の締めに出てきます。このタイミングが絶妙。いろり料理の温かさの中で食べる冷たいそばも、なかなか体験できるものではありません。 131210 fukufuji 26 131210 fukufuji 21 131210 fukufuji 22
(そばづくりは大変だけど・・・)楽しみにして下さっているリピーターのお客さんがいるんで・・・やらないわけにいかない
個人的には、TVの中で1番じ〜んとくるシーンでした。そばなどの料理に限らず、接客やら掃除やらを少ない人数でこなし、毎日が大忙し。お客さんに喜んでもらうために、おかみさんたちスタッフはいつも大変な作業をされているんだなぁと、しみじみ感じました。

(3)お財布にやさしい。休日も安いところもあり

福冨士さんの場合は休日でも7,350円プランがあります。もちろん値段が全てではないですが、やっぱりありがたいことですね。

日光市栗山郷の民宿で待っています

民宿というと、個人的には年配の方が多く利用するイメージがありました。でも最近は、若い人たちが喜んで利用するのを見ることも増えています。ホテルに旅館、ペンションなど、日本の宿は種類は豊富でそれぞれの良さがあるから、どのタイプが好きなのか、年齢はあまり関係ないのかもしれませんね。民宿は
  1. お客さんとスタッフとの距離が近い
  2. なつかしくて美味しい、手料理
  3. お財布にやさしい。休日でも安いところもあり
がいいなと思う人には、とくにおすすめです。福冨士さんと同じ家康の里(野門地区)では、民宿一乃屋(いちのや)さん民宿大野屋(おおのや)さんなどもすばらしく、以前当サイトにも登場しました。 <関連記事> 民宿が好きな方や好きになりそうな方、栗山でお待ちしています。
栗山の民宿のすばらしさ 5秒コメント 画像がキレイじゃなくてスミマセン。 DVDプレーヤーを持ってなくて、人んちのTV画面を撮りました(汗)