fbpx
湯西川・川俣・奥鬼怒の宿をチェック

駅からあったまる温泉とは?東武鉄道のすてきポスター、みんな見たかな

141208 tobu poster 02

こんにちは。
観光ポスターファンの管理人です。

今日は東武鉄道さんの鬼怒川(きぬがわ)温泉の観光ポスターを紹介します。

駅にはたくさん観光ポスターがある中で、見た瞬間、お!ときちゃったのです。

どんなところがすてきなのか

141208 tobu poster 01

ビジュアルももちろんよいのですが、今回はことば(コピー)に注目。

 

鬼怒川温泉は駅からあったまると言われたい。

 

キャッチコピーは、ただのことばのようで、コンセプト(企画のキモ)が含まれています。

 

説明のとおり、さまざまな理由で癒しを求めてくる人たちに、駅という”入口”からあったくなってもらう。

その心意気が、この一言に集約されています。

 

東武鉄道さんのポスターで、街全体の「きてくれる人に喜んでもらいたい」という思いが感じとれます。
さらに、温泉で働く人もこれを見て「がんばらなくちゃ」と励みになる。

よい観光ポスターはみんなを元気にします。

 

というわけで、全文も紹介します。

ボティコピー(キャッチコピーに続く文)も、よいポスターのものは読んでみることをオススメします。

制作者が、最後まで読んでくれた人へおもてなしを込めて、がんばって考えた文章です。

鬼怒川温泉は駅からあったまると言われたい。

「温泉の名がつく駅の助役って、なんだか女将みたいだな」夫に言われてうなずいた。

私の仕事は、駅に着いたお客さまに、おもてなしをすることだと思っている。

いろんな理由があって、癒されたいと温泉に来た人たち。

ホームに降りた瞬間から、あったまる旅にしたい。今日は夫との記念日だ。

「ありがとう」というお客さまの声がいつもよりあったかく聞こえた。

人のために、ひとつひとつ。

電車で栗山に行くには「鬼怒川温泉」を通ります

つまり、まず鬼怒川温泉であったまってから、ルートによっては川治温泉でまたあったまってから、栗山に向かうことになります。

 

え、冬の栗山は寒いだって?

 

冬こそあったまりまくりの栗山です

<関連ページ> 首都圏から鉄道で日光へ(日光市観光協会公式サイト)