関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

サン様のことを少し勉強してきた <サンショウウオ企画展レポート②>

サンショウウオ企画展 栗山で食べることができるサン様は、どのお方なのか?前回出した問題の解答編です。 正解は③でしたトウキョウサンショウウオさんです。 サンショウウオ企画展 関東地方や福島県など、東京以外にもいるのですが、東京にある標本から名づけられたそうです。栗山にはいません。栃木県のサン様の中では、最も人家に近い所で暮らしている「人里のサンショウウオ」です。 ②トウホクサンショウウオさんです。 サンショウウオ企画展 東北地方のほか、新潟県や北関東で見られます。栗山にもいます。透明のものは卵のうといって、卵が包まれたかたまりです。 ④クロサンショウウオさんです。 サンショウウオ企画展 東北地方から北陸地方、新潟県などで見られます。栗山にもいます。栃木県のサン様の中では1番がっしりした体つきで、とくに黒いわけではないみたい。写真は、1ぴきのメスが生んだ卵を、オスたちが争っている様子です。 ③これが正解!ハコネサンショウウオさんです。 サンショウウオ企画展 箱根で発見されたので、その名前がついています。本州や四国の山地で見られます。 特徴は、①体が細長くしっぽが全長の半分以上くらい!②目がクリっと飛び出していてる(個人的1番のチャームポイント)③実は日本のサン様で唯一、肺がなくて、体の表面や口の中の皮ふだけで呼吸!です。 また驚いたのが、幼体(陸デビュー)まで1、2年程度かかり、成体(子供がつくれる大人)になるには生後5年程度かかるそうです。サン様を食べる際は、そんな貴重さも考えながら味わいたいものですね。 いろいろ勉強になりました。栃木県立博物館さん、よい企画展を感謝です。 >>サンショウウオ企画展レポート①はこちら
サン様勉強 5秒コメント しっぽが長くて目がクリクリっとしているのがハコネサン様! 栗山の旅館などでお待ちしております