関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

【山王林道】奥日光と栗山を結ぶルート

131009 sannorindo 16

今回は、その奥日光と栗山を結ぶ「日光★隠れ紅葉ルート(勝手に命名)」について、簡単に紹介します。

位置関係はこんな感じ
131009 sannorindo 21

“紅葉通”なら必ず押さえているポイントですが、まだまだ知らない人も多いと思います。

この時期、知っておいて損はありません。

まず、世界レベルの奥日光を復習
131009 sannorindo 01

いわずと知れた「竜頭(りゅうず)の滝」。

その美しさに、思わず言葉を失ってしまいました。
ある栗山人はこう言います。「竜頭の滝辺りが色づきはじめたら『栗山ももうそろそろ』のサインだよ」

131009 sannorindo 05

滝周辺の遊歩道も、見事です。

131009 sannorindo 14

テレビでは「早朝アタック」をしていましたが、夕方前の「戦場ヶ原」もすごい。

奥日光から「山王林道」を通り栗山へ
131009 sannorindo 11

日光のシンボル「男体山(なんたいさん)」を見ながらドライブ。絶景すぎるので、よそ見運転には要注意です。

131009 sannorindo 17

山王林道に入りました。平日でかなり空いていました。

すれ違った車は、工事関係の車を除くと2台だけ。
この「ゆったり&のんびり感」こそ、栗山最大の魅力だと個人的には思います。

雄大な自然を眺めながらドライブすること数十分。

131009 sannorindo 18

栗山に入りました!標識を見てニヤリとしたあなた、「村」時代から知っているファンですね。

そこからさらに1、2キロくらい進むと、

131009 sannorindo 20

だんだん紅葉ゾーンになってきました。

131009 sannorindo 16

奥日光に近いほど紅葉は進んでいます。霧の演出もにくいですね。

131009 sannorindo 15

ここなんかもうOK!ですね。

空いていたので、なんども車を停めて、景色をじっくりと眺めることができました。

贅沢!

131009 sannorindo 19

栗山方面へ進むつれ「紅葉はこれから」って感じになります。写真は川俣温泉の「間欠泉」の状況です。

<関連記事>

おまけ:「山王林道」は雲海スポットもあり

以前フェイスブックで紹介して、けっこうな反響がありました。「栗山で雲海が見られるとは!」と。

以上、簡単な紹介でした。写真はすべて3日前のものです。また行くことができたらレポートしたいと思います!

山王林道 5秒コメント

中心地の役場〜今回の「紅葉ポイント」まで、車で1時間以上
同じ栗山内なのに、広すぎるぞ栗山郷!