関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

自然の恵みがぎっしり。土呂部「高原トウモロコシ」好評発売中

D tomorokoshi2014 01 甘さが人気の土呂部の「高原トウモロコシ」、今が旬です。1本150円で好評発売中!(8月末頃まで)。今年も土呂部のお母さんたちが猿と一生けん命戦って、おいしいトウモロコシができました。

1.土呂部の高原トウモロコシ おいしさの秘密

D tomorokoshi2014 08 土呂部で活動中の県内・宇都宮大学の学生さんがかわいらしいチラシを作成しまして、その中の説明がわかりやすいので、ここでも紹介します。(チラシ「土呂部のご案内(どろぶへGO!)」のダウンロードはこちら

おいしさの秘密(1)朝もぎ

トウモロコシは太陽光を浴び、葉で作った栄養を夜に実に運び、甘み成分として蓄えます。甘み成分を実に運びおえたばかりの夜明け前頃に収穫するのがポイント。

おいしさの秘密(2)土呂部の涼しい夜

とうもろこしは栄養を作らない夜も、呼吸のために実に蓄えた甘み成分を消費します。高冷地である土呂部は夏でも夜が涼しいです。葉で作られた栄養は、夜が涼しいほどスムーズに実に運ばれ、またトウモロコシの呼吸を抑えられ甘み成分をあまり消費せずにすむため、あま〜いトウモロコシになるのです。

2.バーベキュー!焼きトウモロコシも◎

D tomorokoshi2014 10 D tomorokoshi2014 11 あたりまえかもですが、焼きトウモロコシにしても最高でした。

3.購入方法は2パターン

D tomorokoshi2014 07 D tomorokoshi2014 03

お店で購入(1)町のほうでも買えます

栗山であれば、土呂部のキャンプ場「キャンプインドロブックルや、栗山ふる里物産センターで購入できます。 日光市の中心のほうだと日光ブランド情報発信センターで4本500円で販売しています。町の人はこちらもご利用ください。お出かけの際は、在庫を電話で確認すると確実です。 <日光ブランド情報発信センター> 日光市瀬川844番地(日光だいや川公園内) 電話番号:0288-25-7212 営業時間:午前9時~午後5時00分(11月~3月は午後4時閉館) 休館日:年末年始(12月31日~1月5日)

電話で注文(2)キャンプ場へお問合せください

宅配も可能です(有料)。詳しくは、キャンプインドロブックル(0288-97-1026)まで 土呂部へ行ったら、お母さんたちに猿との戦い(苦労)について聞いてみてください。 武勇伝が聞けるかも <関連リンク> 土呂部のフェイスブックページも楽しいです