全国旅行支援「いちご一会とちぎ旅 割引キャンペーン」 2022年10月11日〜

明治の文豪 田山花袋と栗山郷 田山花袋シリーズ①

明治の作家 田山花袋(たやまかたい)は、めっちゃ旅好きでした。

日光や栗山の旅の記録もあり、どれも貴重なものです。

ちょっと紹介します。

参考 田山花袋シリーズ②

田山花袋 著「花袋紀行集」栗山郷 〜 5くり現代語訳 〜

ざっくりいうとこんな感じです。

ある秋のこと。

田山花袋が栗山郷へ旅をします。

紅葉や渓谷が絶景だけど、歩きなのでめっちゃしんどい山道。

苦労して歩いて、歩いて、川俣温泉の宿にたどりつきます。

宿に泊まって温泉にはいったり囲炉裏で栗山餅(今のバンダイ餅)を食べたりしてくつろいでいました。


ある朝、天気は荒れ、激しい雨と風が吹いてきました。

嵐はますます強くなるばかり。

そこに24、5歳くらいと思われる若者が宿に訪れます。

嵐のなか歩いてきたのでしょう。

めっちゃずぶ濡れだし、顔も青白い。

かんたんにいうと、異常。


おかみ「いらっしゃいませ・・・」

男「西沢金山はここからあとどれらいでしょうか?」


おかみ「えーと、けっこう遠いよ。っていうか天気やばいの分かるよね?まずは泊まって明日・・・」

花袋「!(・・・あそこいくのかよ!たとえ晴れでもガイドなしじゃムリムリムリ)」

男「イヤ・・・これから行きます」


おかみ「えーと、びしょ濡れだし、ボロボロだし、まずは温泉はいらないと風邪ひくよね・・・」

男「イヤ・・・」


おかみ「どうかしたんですか?」

男「・・・」


おかみ「話してみろやー!男だろ?」

男「(泣きながら)・・・お金がないんです」


おかみ「え?」


あまりしゃべらなかった男が話はじめた。

以前は足尾銅山にいた鉱夫だったが辞めて、西沢金山で雇ってもらうためこの山奥までやってきた。

だがここまでくる途中でお金を使い果たしてしまったというのだ。


男「・・・(涙)」

おかみ「(夫と相談後)・・・泊まっていってください」


男「・・・え?よいのですか?」

花袋「!(信用しちゃう感じ?お金ないのにいいの?)」


男はひとっ風呂浴びて復活したあとも、さらに語る。

男は岡山県出身(備前児島)であった。


とにかく事情があってお金が必要になった男は、ある程度稼げるまで故郷にかえれないらしい。

以前は足尾銅山で鉱夫とした働いていたが、なじめず脱走した。

足尾では確かにお金は稼げるのだが、仕事のあとの「酒と女の誘い」が多い。

男はそういうのに興味ないし、そもそもお金をためたいので基本は断りたい。

でも断ると「おれたちブラザーじゃないのかよ?」と言われ、仲間はずれになっていじめられる。

さらにお金を貸しても戻ってこない。

結果まったくお金が貯まらないので、このままではいつまで故郷に帰れない。


男「・・・(涙)」

おかみ「・・・(涙)」


足尾を脱走したあと、いろいろな鉱山に行き働き口を探したが、どこも募集していない。

栗山の「日向銀山」にも「野門銀山」にも行ってダメ。

それでさらに山奥になる西沢金山を目指していた。

途中でお金はほぼなくなってしまった。


男&おかみ&花袋「・・・(涙)」

おかみはお金を持っていない男を泊めたばかりか、いろいろ親切にしてくれた。


西沢金山のボスとも知り合いといい「この人を雇ってね。雇わなかったら、分かっているわよね?」という内容の紹介状を書いてくれた。


花袋「・・・(川俣の人はなんて親切なんだ)」

翌日に嵐はさり、男も花袋も出発することに。

花袋も西沢金山とおなじ方向にある湯元(奥日光)方面まで行く予定だった。

そこでおかみは、花袋と男が途中まで一緒に行くのがいいと提案した。

花袋は提案にのった。

おかみは西沢金山までの詳しい道を説明し、さらに自らも途中まで同行した。

「もし西沢金山で働けなかったら、またこの宿に戻ってきてください」とまで言ってくれた。


男「・・・(涙)」

花袋「・・・(川俣の人、どんだけ・・・)」


こんな宿はほかにないと、花袋も感動しまくりでした。

おかみと別れたあとも、教えてもらったら通りに進むと道に迷うことはありませんでした。

ようやく西沢金山方面と湯元方面の分岐点でます。

男は花袋に別れを告げたが、花袋もまだ心配。

もし西沢金山で働けなかったらめっちゃへこみそうだな。

ということで、ちょっと遠回りになったが、けっきょく西沢金山までついて行くことに(花袋もやさしい)。


西沢金山にぶじ到着。

西沢金山でもスタッフ募集はしていませんでした。

でもおかみからの招待状のおかげで、最初は鉱夫じゃなくて事務でもいいなら・・・ということで、働けることになりました。


田山花袋は男に別れをつげて、湯元へ行きました。

男体山や太郎山の絶景に眺めながら、男はこれからうまくやっていけるだろうか?といつまでも心配をしていましたとさ。

おしまい。

※西沢金山は西山金山という表記になっています