関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

【湯西川温泉 大人の遠足バスツアー】実は、見た目だけでなく内容も濃いです

131109 otonanoensoku 07
前から気になっていて、先日ようやく見ることができました。
湯西川温泉の珍百景企画大人の遠足」日帰りバスツアーです。見た目のことばかり言われがちですが、中身もすごい

131109 otonanoensoku 02 131109 otonanoensoku 03

湯西川温泉に泊まった方限定
のこの企画。
水色の園児服に、黄色い帽子とバッグ。幼稚園の遠足気分を味わえる3点セットです。
これらを身につけたご年配の方たちが集団でいるので、初めて見た方は驚かれますが、それもそのはず。

131105 otonanokyujitsu 14

テレビ朝日のナニコレ珍百景
にも選ばれたくらいの、湯西川温泉の誇るべき珍百景なのです。

でも意外と知られていないのが、その充実したコースが参加者に大好評ということ。

  1. 「川俣温泉」方面:栗山東照宮と瀬戸合峡
  2. 「福島県南会津」方面:大内宿(おおうちじゅく)と塔のへつり

の2コースがあります。

ある参加者は言います。「温泉でゆっくりするもの好きだけれど、こういった小旅行も思い出になって楽しい

同じ日光市に住んでいても、今まで見たことがなかった風景

131109 otonanoensoku 08
日光市内の岩崎地区で、長寿会の会長されている森山さん。

「湯西川温泉に泊まったらこの企画のことを教えてもらったよ。今までなかなか行けなかったところも見られて、仲間も喜んでいます。」

(1)日蔭地区「栗山ふるさと物産センター」

131109 otonanoensoku 01

こんなにもお店がにぎやかに。実はお店の奥さまたちは、湯西川出身の方が多いのです(湯西川つながりその①)

(2)家康の里「栗山東照宮」

131109 otonanoensoku 04

民宿一乃屋(いちのや)
さんのご主人が登場。当サイトの読者にはおなじみ、野門地区の徳川ロマンや八重の桜に関係する話。参加者も感心している様子。  

<関連リンク>

実はご主人は、湯西川温泉の宿で働いていたことがあります(湯西川つながりその②)。

(3)川俣温泉エリア「瀬戸合峡(せとあいきょう)」

131109 otonanoensoku 11 131109 otonanoensoku 10

瀬戸合峡「見晴茶屋」さんの2階は、お昼を食べながら紅葉を一望できる特等席。そして、お店の奥様は湯西川出身(湯西川つながりその③)。 <関連記事>

(4)他にも盛りだくさん

この日は外にも、今市エリア大笹(おおささ)牧場や、若間地区の蛇王の滝なども見学しました。今回は川俣温泉方面コースでしたが、南会津コースも人気だそうです。

企画のきっかけは、悔しさ

131109 otonanoensoku 13
今回のガイドは湯西川温泉「金井旅館」の伴さん(写真中央)。
企画の発案者でもあります。

だいぶ昔ですが、湯西川温泉に泊まった知り合いに「(湯西川温泉に)2泊はできないよ」と言われたとき、相当悔しい思いをしたそうです。
そして同時に「何かオモシロイことをやる」と決めました。

実は夏の大人気イベント、「心かわあかり」も、伴さんの発案からはじまったもの。
さイベントの親組織である「天の川プロジェクト」の活動をテレビで知り、湯西川温泉での美しい天の川をイメージ。すぐに電話で問い合わせをし、いろいろな苦労を乗り越えて、実現させました。

この発想力と実行力こそが、湯西川温泉全体の発展につながっているのでしょう。

栗山ふるさと物産センターさんで、湯西川温泉出身の奥さまからこんな声を聞きました。
「アキノリくん(伴さん)は昔からおもしろいことを考えるのが得意。本当に“観光”の仕事があっている。」

 

最後にある参加者のコメントを紹介します。

「すごく楽しかった。大人になったら、また参加します」

<関連記事>

湯西川温泉「大人の遠足」、来年もお楽しみに

湯西川温泉に泊まったお客さんに、別のエリアを案内する。
簡単なことではないですが、お客さんは満足した様子。
湯西川温泉の「おもてなし」による楽しい思い出が1つ増えたことでしょう。
栗山のような1つ1つの観光エリアが広くない地域では、周りの地域との連携が大切ですね。


参加者やガイドさんたちの嬉しそうな表情を見ていて、こういった企画が今後も重要になると感じました。