土呂部 観光

日光茅ボッチの会2015① 君はハンターについてこられるか?ゲストと雪遊び

「冬の土呂部(どろぶ)はすごい!」

日光茅ボッチの会は2015年も元気に活動します。今年の冬は、土呂部地区でゲストをおまねきしての雪遊び。日光茅ボッチの会は、土呂部の希少な植物たちを育てながら、さまざまな人と人をつなげます。

1.スノーシューで土呂部の雪体験&自然観察

今回は栗そば会のつっちーや県内・宇都宮大学の農業系サークルのさとびとのメンバーがゲスト。

さとびとの布袋田(ほていだ)さんが帽子を見せてうれしそう。飯村代表もうれしそう。どうしたのか?

茅ボッチマン(仮)!かわぇぇ〜!
※すんません名前は適当です

メンバー全員の帽子が茅ボッチマン(仮)になる日は近いか。

「何やってんだ」

散歩中のお父さんたちとの会話も毎回楽しみです。

日光の冬の遊びは豊富ですが、実は、この雪国(土呂部)も負けていません。

たった数分登るだけで、この景色。

さらに進んで行くと…



ん?





日光茅ボッチの会2015① 君はハンターについてこられるか?ゲストと雪遊び

実は

これの冬の姿でした。茅ボッチで干した茅は、牛のエサなどに使うために小屋に運びますが、ここだけそのままに残してくれたのです。

<関連記事>
茅ボッチはどう作る? 学生のユニークボッチも!<日光茅ボッチの会2014 ④>

目が1つなくなっていたからあせりましたよ。細かいですが、雪ボッチが茅ボッチマンをかぶっています。











2.寒いんだから家で食べればいいのに…ランチ編

遠くに人が見えます。まさかね。寒いし雪だし風も強いから、こんなところでランチはないと思います。

さみーのに!すぐ近くに家があるのに!

やっぱりお酒は、グレープフルーツハイだよね。体が芯から冷えるんだよね

やべー、温かいものがほしい。

出てきました。K師匠の特製まいたけおにぎり。絶品です。

「にしん昆布巻き」も温めます。人間、寒くなると頭がおかしくなるか、この日は「なんでも温めればうめーぞ」的な雰囲気でした。

まさか、みかんぐらいはふつーに食べると思ったんだが。

ファイヤーみかん(そのまんま)

食うのか?

ほっくほく。うまいのか?

K師匠「はうっ」

 

3.君はついてこられるか?栗山のハンターに

(1)ハンターは何を装備するか?

日光茅ボッチの会にはハンター先生がいます。今回はゲストにはスノーシューを装備してもらったのですが、ハンター先生は…

男はだまって輪かんじき!





たとえ世間で西洋生まれのスノーシューが人気でも、オレはジャパーン。なのか。

流行には流されない。本田選手の無回転フリーキックはブレブレですが、ハンター先生の生き様はブレません。

(2)ハンターには何が見えているか?

「シカだ!」

ハンター先生が急に山を見て叫びます。

 

・・・

 

え、どこにいるの?

ま、まったく見えねぇ

 

やはり、ふつうの人とは目が違う

 

・・・

 

ハンター先生「木に隠れてもう見えなくなった」

 

・・・

 

他のメンバーは、最初から最後まで何も見えませんでした。

(3)ハンターの歩くコツ

飯村代表の指導により、ゲストもすぐに歩けるようになりました。でも、雪が深いところや下り坂など難しいところもあります。

そこでハンター先生が、むかし師匠から伝授されたという雪山ウォークの極意を教えてくれました。その極意とは…

右足を前に出し、ズボっとうまる前に、左足を前に出す

要するに、雪に足が埋まらないようにするテクニックなのですが。

 

・・・

 

みんなの心「ぜってーむり。右足ぜってーうまるし」

 

4.雪遊び&自然観察のあとは勉強会

日光茅ボッチの会では、メンバーが講師となって勉強会を開くことも。この日はハンター先生の番。

狩猟(マタギ)や獣害のことなど盛りだくさん。はじめて聞くワイルドな話に、ゲストも喜んでくれたようです。

食事会ではハンター先生オリジナルのシカハムもふるまわれました。

日光茅ボッチの会、2015年もがんばるぞー。

画面が蛾!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アオヤマ

アオヤマ

投稿者の記事一覧

5くり管理人。栗山6年生。今年はシカにぶつかりたくないです

関連記事

  1. 【土呂部の秋】ドローンによる空撮で見たこともない土呂部!なつかし…
  2. シロウトが畑仕事にチャレンジしてみた<①準備編>
  3. 多くのファンに支えられる土呂部ボラ。第3弾は河川清掃 <9/2…
  4. ミュージアムボッチ!茅ボッチがあの世界遺産エリアの美術館でメジャ…
  5. 土呂部「キャンプインドロブックル」 聞こえるのは自然の音だけ
  6. シロウトが猟に連れて行ってもらったら、いろいろすごかった<その②…
  7. 「地元の人に知ってもらいたい」をかたちに。茅ぼっち便りお届け
  8. 若い女性たちに栗山はどう見える?<モニターツアー3日目>

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気のアウトドア体験ツアー

【鬼怒川源流・栗山ツアー】関東最後の秘境 アウトドア体験ツアー 【ご報告】はじまりの春。旅女子向け人気旅行ガイド本「ことりっぷ」とコラボ!

かなりゆるい栗コラム

PAGE TOP