関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

あの黒部ダムに負けていない「黒部ダム」(黒部)

あの日本最高峰の高さを誇る黒部ダムと名前が同じです。観光地としての知名度は低くく、観光本では取り上げられません。でも黒部ダムは、ふるさと栗山を象徴する水の風景だと思います。 <目次> いちおしの黒部ダム
  1. はじめて出会った瞬間は?
  2. どうやって見るのがいいの?
  3. ダムの表情をもう少し見せてよ
  4. (おまけ)実は日本一なのです
1. はじめて出会った瞬間は? その日は晴れていました。青い空、白い雲、ダムの先にかかる橋、さまざまな色に染まった鮮やかな山々。何1つ余分なものがない景色。思わず、おぉと声に出してしまいました。 ゆらゆら揺れる水面が太陽のまぶしい光に照らされる様子は、日本三景の宮城県 松島で見た風景を思わせました。 2. どうやって見るのがいいの? 何でもオーケーですが、やはり歩きがおすすめです。車もいいけど10秒くらいしか見れないので。写真の左手には歩道があるので、少し遠めから歩きはじめて、だんだん表情を表す姿をゆっくり眺めてみてください。 栗山には他にもダムがいくつかありますが、黒部ダムは、歩道と水面の距離が近いのがポイント。水面と同じくらいの高さから見上げるように自然たちを眺める。わお、芸術的3. ダムの表情をもう少し見せて (1)仕事帰りに黒部ダム (2)夜のピクニックに黒部ダム まわりは真っ暗で静か。橋の電灯が控えめに明かりを灯し、落ち着きます。 (3)水を流したあとの黒部ダム 4. (おまけ)実は日本一なのです そうなんです。実は、日本で一番古い、発電用重力式コンクリートダムなんです。 栗山総合支所(役場)で以前ダム課の課長をされていたBさんや、ダムを管理している東京電力さんに確認したから間違いないです。重力式とは、ダム自体の重さによって貯めた水を支える構造のことです。最後にちょっぴり自慢させていただきました。
黒部ダム 5秒コメント 日本一なのに、むやみに言いふらさない。 黒部ダムはとてもクールでナイスガイ。

より大きな地図で くりやまっぷ (5秒でくりやま) を表示