関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

シロウトがキノコ狩りに行ったら、「ファイト一発」と叫びそうになった

キノコ狩り 念願のキノコ狩り!山の先生に連れていってもらいました!しかし、今回も山は甘くなかったです。 山の道はいばらの道。一般的な登山とは違います。道がないの当たり前で、身長より高い木のボーボーゾーンを突破したり、急ですべりやすい斜面を歩くことも多いです。 すぐ下は崖!みたいなところもありました。先生に「そこですべったらやばいから気をつけろ!」といわれた5秒後。 リポビタンD リポビタンD リポビタンD リポビタンD ・・・みたいな貴重な経験も2回しました。危なかった。 先生のコメント「気をつけろといったのに」。シロウトの心の声「すべったらあかんのはわかっとる。でも身体がゆうこときかへんねん」。 で、キノコは採れたのか? はい。休憩含めて5〜6時間歩きまくった結果、第1目的のマイタケはダメでしたが、いくつかゲットしました。 キノコ狩り カノシタ。キノコの裏のザラザラが鹿さんの舌に似ていることから、その名前がつけれたそうです。フランスでは高級キノコ扱いです。うまいです。 キノコ狩り マスタケアカキノコとも呼ばれます。魚のマスの肉の色に似ているからその名前がつきました。これもうまい。どうやって食べたかは別の機会に紹介しますね。 食べないけれど、こんなキノコもあったよ キノコ狩り ムラサキシメジ。 キノコ狩り サルノコシカケ。 キノコ オムライス。じゃなくて、名前調査中。 ▼キノコ狩りの楽しい記事は他にもありますよ >>シロウトがこりずにキノコ狩りに行った <リベンジ前編> >>シロウトがこりずにキノコ狩りに行った <リベンジ後編>
シロウトのキノコ狩り 5秒コメント 天然のキノコが高価な理由が少し分かった気がします。 家に帰って飲んだタウリン1000mg、格別の味でした。