土呂部 観光

今でもたまに思い出す。アレはスイカか幻か?

121205 nazosuika 01
先日、畑の掃除をしながらふと秋の出来事を思い出しました。結局、アレは何だったんだろう?

以前、メロンを作って失敗した件を紹介しました。土呂部(どろぶ)地区でメロンをつくった人がいないからチャレンジした結果です。 そこで辞めるのが賢いのですが、今さらお利口さんにはなれないし、これまた土呂部でつくった人がいないというスイカにチャレンジしました。根拠ゼロの自信のもと、苗Aと苗Bの2つを買ってきました。

1.9月末、スイカ苗Aが育ちました

121205 nazosuika 11
ほら、よく分からないものができましたよ。しかも大量。1つの苗から15個くらいできたかもしれないです。

121205 nazosuika 13
職場に飾ってごまかそうとしました。「これ、雰囲気でますよね!」・・・しかし却下でした。当然ですね。謎のオブジェは必要ありません。

121205 nazosuika 07
しかたなく中身を見ました。スイカというより、カボチャでした。香りはかすかにスイカなのですが。カボチャのように煮物にして食べたら、味は”あまり美味しくないカボチャ”でした。どうしてこうなっちまったのか?

まず、苗Aの近くにカボチャを植えていたので、カボチャとスイカが合体したという説がでました。そのあとも、そもそも苗に問題があったとか、土呂部の奇跡とか、作り手の性格が反映されたとか、大人たちが議論し様々な説が飛び交いました。
※最も有力なのは「台木(だいぎ)の実」説です。接ぎ木(植物の芽などを別の植物と合わせる技)されたスイカ苗の、土台となる木(台木)の方の実が育っちまったという説です(詳しいページがありました)。

でもまだ、ほんとうのところはよく分からないままです。

2.スイカ苗Bはどうだった?
121205 nazosuika 04121205 nazosuika 12

すごくでっかくはないですが、バレーボールくらいのサイズになりました。10人が見たら10人がスイカっていうと思います。少し甘さ控えめでしたが、美味しいスイカです。グーでした。
土呂部地区でスイカができることが証明されました。その点では成功です。


でも、私は苗Aのことが忘れられません。

謎スイカ 5秒コメント 名前はスイチャと名づけました とくに普及しているわけではありません

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アオヤマ

アオヤマ

投稿者の記事一覧

5くり管理人。栗山6年生。今年はシカにぶつかりたくないです

関連記事

  1. 知られざる「栗山ゴールドラッシュ」 川俣温泉地区 西沢金山跡<レ…
  2. 武雄市長キター!栗山を応援してもらえるか?
  3. いよいよ参加!祭を盛り上げるため、がんばる高校生たち。 高校生プ…
  4. こんなことあったんだ。当サイトの歴史とか分かる入門編。 5くりダ…
  5. 土呂部「キャンプインドロブックル」 聞こえるのは自然の音だけ
  6. なぜか、実がなりません。平家落人が残した不思議な大木 平家杉 上…
  7. シロウトが「サン様捕り」に行った。ますます愛着がわいた。 川俣地…
  8. キノコの秋。予想できなかったドラマチックな展開。キノコ狩り201…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気のアウトドア体験ツアー

【鬼怒川源流・栗山ツアー2017】全20種!関東最後の秘境 アウトドア体験ツアー 【ご報告】はじまりの春。旅女子向け人気旅行ガイド本「ことりっぷ」とコラボ!

ご当地おみやげが人気!

  1. ロングセラー☆平山あやさんも「かわいい」と絶賛!ご当地限定「くりやまGOタオル」

かなりゆるい栗コラム

PAGE TOP