日向温泉 観光

西沢金山だけじゃなかった。栗山は宝島。今こそアドベンチャー <日向鉱山跡レポート 前編>

121127 hinatadozan 07 以前川俣地区の西沢金山跡へ行ったとき、ツアーの先生が「栗山では日向(ひなた)地区にも鉱山の跡がよく残っているよ」というのです。ほんまかいな?

いつも冒険へ連れて行ってくれる山の先生も日向出身なのですが「その辺へ釣りにはしょっちゅう行くけど、鉱山跡は行ったことないな」とのこと。「先生すら行ったことないだと?」おらわくわくしてきたぞ。


出発。例によって険しい山道
地元でもほとんど見たことはないという日向鉱山跡。それもそのはず。かなりの山奥にあります。昔は人が住んでいたなんて信じられないな。

121127 hinatadozan 16 車でなるべく奥まで行きたかったのですが、途中で予定外の崖くずれ。自然界ではよくあることです。ここからは歩いて行くしかなさそうです。


121127 hinatadozan 13 こういう斜面が一番おっかないです。頼りないロープなんかよりも、信用できるのは先生のあしあと。これにそって慎重に進みます。2時間弱くらい歩いて到着です。先生「1回すべると、ずっと下まで落っこちるから気をつけて」私の心「おらはらへって力(りき)がでねぇ」

2時間は決して短い時間ではないはずですが、栗山で山のぼりをするようになると、「あ、2時間でいけるんだ」というノリです。町でいうところの「あ、乾電池がない。コンビニまで行ってくるか」くらいの感覚になるから不思議です。”慣れ”って素敵



到着。そして遺産の数々
121127 hinatadozan 01
121127 hinatadozan 02 着きました。日向鉱山は、規模は西沢金山より小さかったようですが、銅や金が採れたという記録があります。それらを運ぶ際に使ったレールの跡です。


121127 hinatadozan 03

121127 hinatadozan 12
121127 hinatadozan 11 これは坑道のあとですね。西沢金山でもありました。鉱物(資源的価値のある天然の物質)などを運ぶために掘られた通路です。


いちばんでっかい遺産
121127 hinatadozan 04 すこし進むと川みたいなものが見えてきます。


121127 hinatadozan 05 なんだこりゃ。歴史を感じる文明の機械があり、森があり川があり霧があり。ジブリに即採用レベルの風景と感じました。


121127 hinatadozan 09 すこし調べてみると、鉱石の粉砕(ふんさい)器のようです。石の塊みたいなやつをこれで砕いて、宝の成分を取り出したのでしょう。


日向鉱山跡、実はまだ遺産がありましたよ。続きは後編で。

>>日向鉱山跡レポート後編はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アオヤマ

アオヤマ

投稿者の記事一覧

5くり管理人。栗山6年生。今年はシカにぶつかりたくないです

関連記事

  1. 【ビーフピア栗山2014 レポート】ヤシオツツジ当たり年で満員御…
  2. 今年はどしゃぶりも。コース変更もあったけど、みんなで歩くのはやっ…
  3. 昭和35年、まだ小学校があった頃の土呂部地区の映像。そこで見たの…
  4. 【日向地区の獅子舞】獅子舞ロック!これが「暴れ獅子」。ラストの盛…
  5. シロウトが畑仕事にチャレンジしてみた<②収穫編>
  6. 「そば処ひなた」 おいしさを支える奥さまパワー
  7. 地元の人と一緒に土呂部をきれいにしよう 草刈りボランティア201…
  8. わぉ!栗山の新年会で出てきたもの

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気のアウトドア体験ツアー

【鬼怒川源流・栗山ツアー2017】全20種!関東最後の秘境 アウトドア体験ツアー 【ご報告】はじまりの春。旅女子向け人気旅行ガイド本「ことりっぷ」とコラボ!

ご当地おみやげが人気!

  1. 【君も落人】落ち武者気分を味わえるご当地Tシャツ「落ちT」 ひっそり発売中

かなりゆるい栗コラム

PAGE TOP