栗山の宿もOK とちぎへお得に旅行「第3弾 県民一家族一旅行」

【どろぶかやフェス 2022 阿久津 瞳ハープコンサート レポ】何度聴いてもいいものです

週末、実施されました!

日光茅ボッチの会 主催、
どろぶ かやフェス2022「森のハープ弾き 阿久津 瞳ハープコンサート」
草原に響く美しい音色と、新緑のお楽しみ



スタッフとしても、ぜいたくな時間でした

わたしの見られた範囲ですが・・・様子をレポートします

本イベントのメインです「草原×アイリッシュハープ演奏」


はじめて聴く曲なのに、切なくなるのはどうしてでしょうか

開演早々、引き込まれました


本場 アイルランドの民謡や、阿久津さんに大きな影響を与えたというアニソンなど・・・ すばらしい演奏の数々


去年教えてもらった「イニシア」も、じ〜んときましたね
こんなすてきな曲です 阿久津さんYouTube

阿久津瞳さんがアイルランドで覚えたなかで、もっともお気に入りの曲の1つとのこと

わたしもすっかり影響され、コレを聴きながらこのブログを書いているくらいです


「庭の千草」という曲もすてきでした ・・・「Lark in the clear air」という曲もすてきでした・・・「まつりうた」も・・・以下省略



当日は、ハープ製作に関わっている「手作り家具工房 クロサキ工芸」さんも



黒崎さんの「栗山は木材の宝庫です」というお話が印象的でした

やはり栗山がほめられるとテンションあがります


ハープの製作者と演奏者のコラボも生まれた、ぜいたくな1時間でした

定番です・・・土呂部の草原散策

日光茅ボッチの会の企画として定番です

代表 飯村さんのわかりやすく深〜い話を聞きながら散策

いただいたうれしい感想を一部ばっすいして紹介します

草原を放置するとススキや木々が生え、光を覆う。
一方でで桧を切った跡には陽の光が射し、土の中に眠っていた種が芽を出し、生態系が動き始める。そんな循環を教えていただいたフィールドワーク、本当に嬉しかったです。


土呂部でも20度を超える気温でしたが、風もいい感じに吹いてくれて、気持ちがよかったです

ランチ&フリータイム

ランチは山の幸満載弁当

栗山=山菜!ワラビ、ウド、ヤマドリゼンマイ、シドキ!

山菜好きにはたまらない・・・愛情たっぷりの弁当です

J子さんによるK子さん弁当の解説(まるで土呂部図鑑や・・・)
養蜂家でもある阿久津瞳さん(ハチミツ販売)

静 Cafe「本日のコーヒーは、コロンビア、マンデリン、ガテマラ(アイス)でございます。とてもおいしいでございます」

ハープ体験教室

「わたしもハープにさわってみたい、ぼくもやってみたいよ」

という人、わかります、わかります


そんな方のために先生直々のレッスン!

限られたの時間でしたが、キラキラ星などさっそくマスターされている様子

小学生だけでなく、大人も夢中になって楽しんでいるようでした

Deep自然散策

え?Deep?

いつもの自然散策もわりとDeepでは?

と思っていましたが、さらにDeepな体験というのです



わたしは別会場にいたので、具体的にどんなところがDeepか気になります

参加された方にあとで聞いたところ

「・・・相当にDeepでした」

とのことです、はい

ワラビ採り放題

名人に採り方のコツを教えてもらいました


こちらもわたしは現場へ行けなかったのですが、あとで名人にワラビ採りのコツを聞いたところ・・・


名人「ワラビ採りは、1箇所だけを見るんじゃなくて、全体を見渡すのが大切」


・・・


・・・


なるほど




名人「あとワラビ1本を抜いているときは、目線は2本目、3本目なんだよ」


・・・


・・・


後半は(わたしのようなシロウトには)ちょっと何いっているかわからず申し訳ありませんでしたが、修行すればできるようになる日がくるのかもしれません

また土呂部でお会いしましょう

参加者のみなさま、ありがとうございました

土呂部の魅力がきっかけで生まれたラジオは、今週末に放送ですよ

ガイド&特別出演

ガイド:日光茅ボッチの会

特別出演:森のハープ弾き 阿久津 瞳さん
つむぎ養蜂園 さんのおいしいハチミツもよろしくお願いします