日光市栗山郷(湯西川・川俣・奥鬼怒温泉)ってどんなトコ?

140506 kuriyama 02

栃木県日光市「栗山郷」は、栃木県の最北西部にある秘湯境です。都心から3時間程度で行ける秘境・秘湯として、20年以上前から温泉好きを中心に多くのファンがいました。古くから残された文化や大自然の雄大さやなどから、いつからか関東最後の秘境とも呼ばれるようになりました。

最近では「現代人が求める”いやし度”」がすごいスピードで増えていることから、その価値が今まで以上に注目されています。

場所はどの辺?

「関東の最北部」です

131215_kuriyama_02

131215_kuriyama_03

栗山は、いちごの国 栃木県日光市にあります。日光市は、戦国時代のスーパースター徳川家康さんのお墓がある、「世界遺産の日光東照宮(にっこうとうしょうぐう)」などで有名ですね。

場所は栃木県としても日光市としても最北西部に位置し、西に行くとすぐ群馬県、北に行くとすぐ福島県です。関東全体で考えても最北部にあたります。

代表的な観光地は?

ざっくり4つの温泉エリアがあります

140506 kuriyama 04

湯西川温泉エリア、栗山中央エリア、川俣温泉エリア、奥鬼怒温泉エリアです。

面積や人口はどれくらい?

めっちゃ広くて、めっちゃ人が少ない

140506 kuriyama 07

日光市の面積は栃木県全体の約4分の1もあり、これは全国でも堂々の3位です。その約30%を占めるのが栗山です。「東西約27km 南北22kmで、面積は約430k㎡(横浜市なみ)」と、超広いです。

それに対して人口は約1,400人弱日光市全体がだいたい9万人くらいですので、割合にするとたった1%ちょい。超広くて、超人が少ない。かなりの過疎地域であることが数字からも分かります。ちなみに、面積全体の94%が森林です。

高齢化率(65歳以上の方が全人口に対して何%いるか)は、地域全体で約40%弱。全国の山間地域と同じように、その数字は年々増えています。

標高や気温はどれくらい?

天空レベル。夏は避暑地、冬は極寒

140506 kuriyama 01

高層湿原の「鬼怒沼」など、1番高いところでは2,000mを超えます。人が住んでいる地域だと、だいたい600m〜1,100mくらいです。1番低いところでも、東京スカイツリーのてっぺんくらいの高さになります。

夏:避暑地。クーラーがない家が多いくらい涼しい。山を降りて町へ行くのが暑くてつらい。
冬:極寒。土呂部(どろぶ)地区などは札幌より寒い日も多い。

歴史はどんな感じ?

「栃木県最後の村」が日光市に

140506 kuriyama 06

栗山は明治以前から栗山郷(くりやまごう、郷は村の集まり)と呼ばれていました。明治22年、町村制(ちょうそんせい、地方の様々な決まりができた)によって9つの村が合併し、栗山村となりました。

栗山と呼ばれるのは、いろいろな説がありますが、とにかく栗がたくさん採れたことが関係していると思います。2006年3月、合併により、県内最後の村だった栗山は日光市となりました。

はじめて栗山を訪れる人の多くが、こう驚きます。

世界遺産のある日光市に、こんな秘境があったなんて!

どんな魅力があるの?

「秘湯、秘境ならでは魅力」に注目

140506 kuriyama 05

日本のふるさとの多くがそうであるように、栗山にも古くから残る魅力がたくさんあります。

(1)栗山観光のリーダー「温泉」

栗山って結局、何がおすすめなの?」と聞かれたら、5秒でこう答えています。

温泉ですが、何か?

泉質のよさ、バリエーションの豊富さ、秘湯感という点で、全国でも有数の温泉どころだと思います。 >>もっと詳しく見る

(2)市民でもため息がでるほどの「自然」

栗山以外に住んでいる日光市民でさえ感動する自然があります。 >>もっと詳しく見る

(3)どこかなつかしくて、おいしい「グルメ」

栗山のうまいもんは町のとはちょっと違います。 >>もっと詳しく見る

(4)栗山流「アウトドア」

アウトドア派のあなた。ハイキング、釣り、キャンプ・・・何をするにしても、栗山にハマる可能性大です。>>もっと詳しく見

PAGE TOP