関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

奥鬼怒温泉「手白澤温泉」真冬に行く栗山最奥の秘湯郷は極楽すぎた②

130311 tesirozawa 48 手白澤温泉さんにつきました!ついつい岳(がく)ちゃんと遊びすぎちゃったけど、さっそく中に入ってみましょう。 え?山小屋風をイメージしていたのですが 130311 tesirozawa 44 130311 tesirozawa 49 なんか、すげーかっこいいんですけど。デザイナーズ宿って感じ?床暖房も効いて温かい。 130311 tesirozawa 27 ほんの一部しか紹介できませんが、ご主人のセンスが細部まで光ります。 130311 tesirozawa 25 テレビは置いていません。もちろん、“あえて”ですね。 部屋数は6部屋のみです。そのため予約は取りにくいと感じるかもしれませんが、その分宿泊すれば混雑することなく快適に過ごせます。これもご主人の考える“おもてなし”なのでしょう。 130311 tesirozawa 26 外はすごい吹雪。 130311 tesirozawa 55 濡れタオルを外で振りまわすと、すぐに凍る寒さです。でも中は快適なんです。 そうだ、風呂で解凍しに行かなきゃ 130311 tesirozawa 28 130311 tesirozawa 36 え?洗い場に見なれた蛇口がない。そのかわりになんか温泉がドバドバで出ている。これで洗うのか。 ・・・なるほど、了解。これはご主人の「温泉豊富です」のメッセージと受け取りました。 130311 tesirozawa 34 内風呂です。 130311 tesirozawa 39 そして、ようやく、雪見露天独り占め。 これを目指して山を登ったようなものです。 ・・・気持ちよすぎて言葉になりません。 長時間車に乗って、さらに2時間以上登山して、極上の露天風呂に入る。これが奥鬼怒「感動物語」なのです。日本に秘湯多しといえど、この種の感動はなかなか体験できないのではないでしょうか(しかもここは関東)。 ふぅ、ほんとうにいいお湯。4回くらい入ったのはいうまでもありません。源泉かけ流し、無色透明の単純温泉です。 料理は「和×洋」。そして。 130311 tesirozawa 51 え?なんかイメージと全然違う。もちろんいい意味で。 130311 tesirozawa 57 例えばイワナの塩焼きも手白澤風アレンジ。レモンとポン酢がこんなに合うとは。 130311 tesirozawa 58 個人的に1番星をあげたいおすすめ「ビーフシチュー」。まさか山奥の山奥でこんなものが食べられるとは。 130311 tesirozawa 61 そして、手白澤といえばコレ! こだわりの自然派ワインの数々です。ワイン好きは飲み過ぎに注意です。 ここは温泉のあとも極楽でした。 絶対また行くぜ!手白澤温泉 130311 tesirozawa 67 最後はご主人と岳ちゃんにお見送りしてもらいました。バイバーイ。 あなたも泊まりにきませんか? ご予約お待ちしております 130311 tesirozawa 68 行くだけでも自慢になる”通”好みの温泉宿です。 ▼予約は電話のみ 0288ー96ー0156 「5秒でくりやまを見た」と言ってもらえるとうれしいです!は?って言われたらすみません。「予約・空室情報はこちら」 <手白澤温泉さん公式ホームページ> 「手白澤温泉公式ホームページ」 「料金表のページです」 「手白澤温泉フェイスブックページ」 <奥鬼怒 関連記事> 「真冬に栗山最奥の秘湯郷へ行ったら、極楽すぎた<その①>」 「ハイキング×秘境「奥鬼怒温泉」」 「奥鬼怒マップ(PDF形式)」 <その他の、奥鬼怒のすばらしい宿3つ> 「日光澤温泉 公式ホームページ」 「加仁湯 公式ホームページ」 「八丁の湯 公式ホームページ
手白澤温泉 5秒コメント (地震の風評被害に対して)「泊まりにきれくれるお客さんが1番の励み」と聞いています。 手白澤をはじめ、奥鬼怒四天王をこれからもよろしくお願いします。