関東最後の秘境アウトドア体験「鬼怒川源流・栗山ツアー2018」好評実施中!

レインボー!8年ぶりの川治ダム点検放流。マニアと一緒に盛り上がり

130515 kawajidamu01 04 ドドドーっと勢いよく流れる水くっきりと浮かび上がった虹。先週話題となった川治ダムでの出来事です。現場にはマニア様らしき方々もいたので、その様子に注目しました。

川治ダム点検放流 スタート前から人がちらほら

130515 kawajidamu01 07 放流はまだなのに、早くから人が集まってきます。駐車場はすでにいっぱいで、車を停めるのに苦労しました。 ちなみにこの川治ダムでの出来事の正式名称は、「川治ダム クレストゲート点検放流」といいます。クレストゲートとは、非常用の放流設備のことで、そこに異常がないかのチェックでした。最大時だと1秒間に8㎥も水が放流されたそうですよ。 130515 kawajidamu01 08 横から見るとこんな感じ。左から水、虹、マニア様たちを含む見学者です。 ふつうなら「人が多いな。どうしたんだろ?」くらいの感想で終わるかもしれませんが、もうちょい調べてみます。インターネットの世界はどうなんでしょう。 例えばツイッターで検索してみると・・・ 130515 kawajidamu01 10 130515 kawajidamu01 11 130515 kawajidamu01 12 おぉ。盛り上がっている!今まで知らなかった世界を覗いてみることは、なかなか楽しいです。 興奮してきたので、おまけ 130515 kawajidamu01 05 ダブルレインボー!ほとんどの人が“シングル”には気づいたと思います。でも実は、かすかにですが、“ダブル”が見える時間帯&場所もあったのです。ラッキー! ファンでなくても楽しめるダムの放流イベントでした。マニア様たちと一緒にダムを見ること自体が楽しかったりもします。また近くであったら行きます!