お酒

「湯西川オリジナル日本酒」製造中!女将がお酒に込めた願いとは?


様々なイベントで年中盛り上がる湯西川温泉。実は今、湯西川温泉オリジナルの日本酒を造ろうと、女将さんたちが動いています。

2017年の春発売を目指して作られるこの日本酒。1月11日(水)女将さんたちが酒造りのかなめと言われる「仕込み」をした様子を取材したのでお伝えします。

1.酒造りを始めたきっかけ

まちおこしになるような酒を作りたい、と常日頃考えていた女将さんたち。食材の展示会で偶然知り合った栃木県小山(おやま)市にある西堀(にしぼり)酒造さんと意気投合したのがきっかけでした。

何種類もの日本酒を飲み比べ、湯西川の名物、いろり料理や山菜によく合う日本酒を研究。

もちろんサン様との相性もバツグンな日本酒を目指すとのこと。今から完成が楽しみです。

2.女将の情熱と愛情たっぷりの日本酒ができるまで


酒の味が決まると言われている仕込み。3人の女将さんが作業しました。左から平の高房山城薫(やましろかおる)さん、湯乃宿清盛伴千恵子(ばんちえこ)さん、花と華山城知子(やましろともこ)さんです。

西堀酒造さんが用意してくれた日本酒の作り方がわかりやすく解説してある資料。女将さんたちは赤枠の部分を主に作業しました。

麹(こうじ)作りに使われる蒸し米。蒸気が出るくらいアツアツですが、手で広げていきます。
30℃以上もある部屋で麹作り。


「たくさん売れますように!」とつぶやく声。「おいしくな~れ!じゃないの?(笑)」とすかさずツッコミが入りました。


発酵を促すのに必要な櫂(かい)入れ。水がどんどん増えるので、後半が大変な作業です。

酒造りの中でも重要で難しい作業をした女将さんたち。この日仕込んだものを何日間か寝かせて発酵させることでお酒になります。

3.日本酒に込められた1つの願い

全ての作業を終え、最後に西堀酒造さんにある稲荷(いなり)様に祈願。食物の神様と言われている稲荷様に何をお願いしたのでしょうか?おいしくなれ?たくさん売れてほしい?

もちろんそれもありますが、本当の願いは女将さんたちが悩んで考えて決めた、日本酒の名前にありました。

“ときあそび”

「月日の移り変わりを表す“”と春夏秋冬の時期を表す“”、それぞれの“とき”を感じながら湯西川温泉を楽しんでほしい。」

そんな想いが込められています。一体どんな日本酒に仕上がるのか?完成したらお知らせしますのでお楽しみに!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
ごいち

ごいち

投稿者の記事一覧

静岡生まれの栗山2年生。今年から栗山の地域おこし協力隊のリーダーとして活躍中。二次元とアルコールをこよなく愛し、 アニメを見ながら晩酌しないと1日が終わらない。得意技は残像拳。

関連記事

  1. 道の駅湯西川「ジェラート」ご当地味もあるよ
  2. 【10/12 10/26(日)】湯西川温泉そば祭2014 W開催…
  3. いよいよ今週末から !「かわあかり」でさらに進化した竹の宵まつり…
  4. 【平家大祭2015レポ】土日開催で観光客約5千人。写真で見る平家…
  5. 湯西川温泉 道の駅湯西川④ かまくら祭とコラボ。スカイベリーも
  6. 「湯西川温泉かまくら祭」観光ポスター 今年もハイクオリティ
  7. 【募集】女性20名限定!極上の紅葉と味わう「秘湯・グルメ・トレッ…
  8. 湯西川かまくら祭2013 カメラ女子男子注目!おすすめ鑑賞スポッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気のアウトドア体験ツアー

【鬼怒川源流・栗山ツアー2016】全19種30回 関東最後の秘境の”通”向けアウトドア、ここに集まる! 【ご報告】はじまりの春。旅女子向け人気旅行ガイド本「ことりっぷ」とコラボ!

ご当地おみやげが人気!

  1. 【君も落人】落ち武者気分を味わえるご当地Tシャツ「落ちT」 ひっそり発売中

かなりゆるい栗コラム

PAGE TOP