アウトドア

奥鬼怒温泉「手白澤温泉」真冬に行く栗山最奥の秘湯郷は極楽すぎた①

130311 tesirozawa 32
先週、奥鬼怒(おくきぬ)地区手白澤温泉さんが営業を再開されました。これで奥鬼怒の宿は4湯全て“営業”。先日の地震で心配でしたが、まずはスタートラインにたちました。


復旧したところから元気宣言!
栗山にはまだ営業再開できていない宿もあります。その復活を願いつつ、元気なったところから順に紹介します。

今回は奥鬼怒四天王を代表して、当サイトでもまだ登場していなかった、手白澤温泉さんの紹介です(2月中旬頃に栗チームで行きました)。

この時期は雪&寒さが最も厳しくなるので、「営業していることをそもそも知らない」方も多いです。でも実は「この時期こそベスト」って“通”もいるくらいなので、その理由を探りたいと思います。



たまには、バスの旅を
130311 tesirozawa 01
しょっちゅう車や電車に乗っていると、たまにバスが恋しくなります。人気(ひとけ)のないバス停で待っているときの「俺、いま旅してるぞ感」。たまりません。

130311 tesirozawa 02
バスは満員でした。景色をじっくり見れる余裕があるので、旅の情緒をより感じれるのもバスの魅力と感じました。

他の観光客も「川俣&奥鬼怒目当て」がほとんどのようです。耳をすませば、「加仁湯(かにゆ)八丁の湯は何度か行ったことあるから、今日は日光澤へ行くんだよ」、「ここは紅葉もいいし、雪景色も最高」などなど、みなさん、川俣&奥鬼怒事情にくわしい。

こんな山奥でも、いいところはちゃんと伝わるものなのですね。朝からテンションあがりまくりです。

130311 tesirozawa 04
地元民もあまり知らない? 栗山人面岩を発見』で紹介したおもしろ岩もバスから見られますので、要チェックですね。バスの運転手さんが紹介してくれたらお客さんは喜ぶかも。



いよいよ雪山登山スタート
130311 tesirozawa 07
ようやく着きました。女夫渕(めおとぶち)温泉さん前の無料駐車場。車やバスで行ける終点です。

例えば東京からくる人にとっては、ここですでに秘境感&目的地感がすごいのですが、奥鬼怒はここからがハイキングスタートなのです。※加仁湯さんと八丁の湯さんの場合、宿泊者はここから送迎あり

130311 tesirozawa 14
景色は白、以上。そんな感じ。とにかく吹雪と寒さとの戦い。体力勝負。

モニターツアーでも利用した遊歩道は雪が深くて通行が難しく、車道(一般車両は通行禁止)を歩きます。道路の除雪はされているので、思ったよりは歩きやすかったけど、寒い。

何もしゃべらずひたすら山を登っているうちに、なんだかいつもの邪念がどこかにふっとびました

130311 tesirozawa 11
もう疲れたよ。栗チームの1人、Mさん(70代)に「そろそろ休憩しますか?」と聞きます。

Mさん「止まると疲れるから休まない」「兄ちゃんが疲れたらなら休んでもいいけど」

これで弱音は一切はけなくなりました


130311 tesirozawa 12
心の中「疲れた。たすけてくれー」

130311 tesirozawa 15
ぜぇぜぇはぁはぁ言いながら2時間近く歩いていると、目印となる分岐点がありました。手白澤は左、他3つの宿は右です。

130311 tesirozawa 16
この看板が見えたらあと30分くらい。ラストスパート。

130311 tesirozawa 17
でもやっぱ疲れたよ。お、椅子が。休憩チャンス!

Mさん「早く行くよ」私「ラジャー」

130311 tesirozawa 19
「これはナラですか?」Mさん「ヒノキ」

「じゃあこれはヒノキ?」Mさん「それはブナ」

Mさん「木の肌や葉っぱでわかるでしょ」

わからねー。このやりとり、前にもどこかであったような。。。木に詳しいってうらやましいです。そして!



ゴールの喜びはハンパなし
130311 tesirozawa 21
ぜぇぜぇはぁはぁ。歩くこと約2時間30分。なんか建物が見えてきた。おぉ。。。。。感動の瞬間です。

130311 tesirozawa 23
130311 tesirozawa 66
ドドーン!


130311 tesirozawa 24
駐車場で買ったドリンクがもう凍っている。当然俺も凍っている。はやく俺を風呂に・・・

130311 tesirozawa 45
ワンワン!癒しの岳(がく)ちゃんが元気に迎えてくれました。さて、どんな温泉や料理が待ち構えているのでしょうか!?それは次回に。

>>後編もよろしくお願いします「真冬に栗山最奥の秘湯郷へ行ったら、極楽すぎた<その②>」

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アオヤマ

アオヤマ

投稿者の記事一覧

5くり管理人。栗山6年生。今年はシカにぶつかりたくないです

関連記事

  1. 今年はどしゃぶりも。コース変更もあったけど、みんなで歩くのはやっ…
  2. 【奥鬼怒・川俣温泉「渓流岩魚つり大会2014」レポ】名人に教わる…
  3. 地震の影響で予約客半減も。栗山が誇る「奥鬼怒温泉&川俣温泉」をこ…
  4. 【7〜3月】栗山の新アウトドアイベント!「鬼怒川源流・栗山ツアー…
  5. 新緑&紅葉の名所「瀬戸合峡 」で冷や汗ウォーキング 川俣温泉
  6. 【7/25〜8/23】奥鬼怒・川俣温泉で星空&昆虫観察…
  7. 【渓流釣りって何?】シロウトがチャレンジしてみた
  8. 【奥鬼怒・川俣温泉 渓流岩魚つり大会2015】

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気のアウトドア体験ツアー

【鬼怒川源流・栗山ツアー2016】全19種30回 関東最後の秘境の”通”向けアウトドア、ここに集まる! 【ご報告】はじまりの春。旅女子向け人気旅行ガイド本「ことりっぷ」とコラボ!

ご当地おみやげが人気!

  1. ロングセラー☆平山あやさんも「かわいい」と絶賛!ご当地限定「くりやまGOタオル」

かなりゆるい栗コラム

PAGE TOP