栗コラム

夜道、突然のシカに注意(映像あり)!人や車が少なくても「安全運転」で

shikatobidashi_03 2

栗山の夜道です。赤丸のことろを見てください。心霊写真ではなくて、シカです。わかりますか?

 1.車で町へ帰る人に注意してほしいこと

町から栗山にきた人が帰るとき、「お気をつけて」のあとに、必ずいうことがあります。

シカに注意!

 

町の人はすぐにピンとこない方も多いです。その場合はさらに付け加えます。

人間には会わなくても、シカは出る!

 

とくに夜は車が少ないし、人なんてほぼ見かけない。信号もほぼないから、ついスピードを出してしまう人もいるかもしれませんが、ダメです。

つい先日のことです。

shikatobidashi_03

誰もいないように見えるけど…

shikatobidashi_05

わたし「!!! いたのかよ!やべー!!!」

shikatobidashi_02

わたし「車きてるのにいきなり飛び出してくるヤツがあるかよ!」

shikatobidashi_01  

シカ「しらんがな」

shikatobidashi_04    

シカ「おまえこそ、オレが気持よく走っているのに飛び出してくんなよ。早く帰ってめしだ、めし」

 

こんな具合です。こちらに気づいて逃げることも多いですが、気付かず向かうような行動をとる場合も。実施の状況は以下のような感じ。

映像では距離感がつかみにくいかもですが、運転している人間にとって、ブレーキがあと1歩遅れたらぶつかる!という距離です。ひやっとします。

2.シカが出るのは夜だけ?昼は注意しなくていい?

shikatobidashi_09

いた。夜よりは視界がよいけれど。

shikatobidashi_07

車でそっちむかっているのに。

shikatobidashi_08  

シカ「昼だって忙しいんだよ。娘は反抗期だし、うちもいろいろ大変なんだよ。めしだ、めし!」

いつも安全運転が1番です。

3.誰かが攻略法を教えてくれる?

先日、車の免許の更新で、新しい交通ルールについて講習を受けました。30分程度の話で、シカの話はゼロでした。

4.参考:地元の人はどう対応している?

栗山の住民はどうしているか。基本ハイビームというのもありますが、実は、広い広い栗山といえど、車道でシカが出そうなポイントは数カ所に限られています。そこを特に注意しているというわけです。つまり、

シカゾーン(出現ポイント)を抑えている

でも、観光などできた人はわかるはずありませんし、予想外のところから飛び出す可能性もあるから、注意が必要なことには変わりないです。

ちなみにわたしは2回やられました。1回目が真冬の夜。峠でシカが真横から飛び出してきて、とっさに避けようとハンドルきったら正面でぶつかり15のダメージ(ナンバープレートが軽くへこんだ)。もう1回は大吉をとった直後

2回ともゆっくりだったから小さいダメージでよかった。もし車が破損してしまった場合、車両保険にはいっていても、ぶつかった場所や状況、保険の種類によっては支払いNGな残念なケースも(おそろしい)。

今回はシカの話ですが、町から栗山にくると、世界はサファリパークに変わります。他にも、タヌキやテンなどの野生動物もいっぱいです。

栗山にきたら、ゆっくり安全運転でお願いします

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アオヤマ

アオヤマ

投稿者の記事一覧

5くり管理人。栗山6年生。今年はシカにぶつかりたくないです

関連記事

  1. そこにあるべきものがない
  2. 2013年もよろしくお願いします
  3. 都会の打ち合わせではなかなか出ないモノ
  4. 今年は当たり年?2015年もよろしくお願いします
  5. 読者はサイト名をどう覚えているのか? 思わずうなった「検索キーワ…
  6. 2012年のふりかえり。 がんばろうと思ったベスト7
  7. 2014年もよろしくお願いします
  8. 2014年もありがとうございました。来年もチャレンジを

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気のアウトドア体験ツアー

【鬼怒川源流・栗山ツアー2017】全20種!関東最後の秘境 アウトドア体験ツアー 【ご報告】はじまりの春。旅女子向け人気旅行ガイド本「ことりっぷ」とコラボ!

ご当地おみやげが人気!

  1. 【新しいご当地おみやげ】世界初?サンショウウオファンのためのタオルハンカチ「サンカチーフ」

かなりゆるい栗コラム

PAGE TOP