メディア

遠いけど、心の芯から癒される。栗山の良さそのものだった「女夫渕温泉」

130805 meotobuchi 01
>>大きな記事で読む

先週の地元「下野新聞」での記事です。営業中止となってからも、女夫渕(めおとぶち)温泉目当てにきて「女夫渕もうやっていないの?残念」という声をよく聞きます。

非常につらい記事ですが、きちんと伝えなければいけません。「廃業残念」という記事はネット上にはすでに多いので、ちょっと視点を変えて。


個人的な思い出を1つ
130805 meotobuchi 02
はじめて行ったのはもう10年以上前。その頃は東京に住んでいましたが、温泉の専門誌で「栃木のすごい山奥にハンパない温泉がある」と調べて、車で向かいました。

当時は今のように整備された道ではありませんでした。川俣温泉エリアあたりで覚えているのは、カーブが続いて見通しの悪い崖道でのこと。車1台しか通れない道幅で、ガードレールの先はすぐ谷・・・そんな状況で反対側からきた観光バスと向かい合いました。

後ろからも車が2、3台くっついていて、一緒に崖道をバックで数mドライブ。一歩間違えたら「100m下にダイブ!」という恐怖。「こんな山奥、二度とこねーぞ」と誓ったのがいい思い出です。※今はそんな道はありませんのでご安心を

しかし、秘境の露天風呂は期待以上に広く(12の露天風呂を合わせるとおそらく県内一)、鬼怒川源流エリアならではの秘湯感も満点で、それまでの運転の疲れや「いつ着くのか?」といった不安は一瞬でふっとびました

けっこう温泉好きとなった今でも、その時の感動はずっと忘れられません。結局、秘境・秘湯の良さにハマってしまい、そのあとも何度も行くことになりました。

東京から考えた場合「箱根よりもかなり遠い。でも身体や心の芯から癒され、不思議とまた行きたくなる」。そんなイメージでした。考えてみるとそれは、栗山の良さそのものでもありました。

ちなみにその頃は、日光市ではなく栗山村でしたが、それは数年前までは知らず「女夫渕温泉があるところ」と覚えていました。私にとって、山奥の秘湯のハンパなさ、栗山の魅力を知ったきっかけの1つが、この女夫渕温泉だったのです。

良い思い出をありがとうございました。またいつの日か、なんらかのかたちで、復活されることを願っています。

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アオヤマ

アオヤマ

投稿者の記事一覧

5くり管理人。栗山6年生。今年はシカにぶつかりたくないです

関連記事

  1. 【山王林道の紅葉】奥日光のすばらしい紅葉。と栗山を結ぶ「山王林道…
  2. 湯西川温泉 湯西川館「伴弘美さん」の温泉自慢
  3. いよいよ参加!祭を盛り上げるため、がんばる高校生たち。 高校生プ…
  4. 川俣温泉 瀬戸合見晴茶屋 びびりながら「サンショウウオ酒」GET…
  5. 高校生たちが川俣地区の伝統行事に。何をするのか? 高校生プロジェ…
  6. 【奥鬼怒・川俣温泉 渓流岩魚つり大会2017】6/11 (日) …
  7. 川俣温泉の伝統食「石焼き」が新聞で紹介されました
  8. 川俣地区に「元気ハツラツ高校生」がゾロゾロと。何が起こったのか?…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気のアウトドア体験ツアー

【鬼怒川源流・栗山ツアー2017】全20種!関東最後の秘境 アウトドア体験ツアー 【ご報告】はじまりの春。旅女子向け人気旅行ガイド本「ことりっぷ」とコラボ!

ご当地おみやげが人気!

  1. 【君も落人】落ち武者気分を味わえるご当地Tシャツ「落ちT」 ひっそり発売中

かなりゆるい栗コラム

PAGE TOP