土呂部 観光

シロウトが畑仕事にチャレンジしてみた<①準備編>

土呂部畑
実は、今年5月から畑仕事を少しですがしていました。ゼロから教えてくれた、地元の師匠(70代)たちにいつも頼りきりですが。。最近はとれたての野菜を毎週ゲットしています。


まずは準備から<5月上旬〜>
①畑をかりてスタート。最初は草抜き。無言でひたすら根っこから抜く!頭の中がからっぽになるので、ちょっとした修行気分です。腰が痛くなったら少し休んで、続きをまたやります。

②畑仕事で最重要ともいえる土づくり。耕うん機を使って、土をたがやしました。ちなみに“耕うん”とは、“耕”が「田をたがやす(田を返す)」意味で、“うん”は「草を刈る」意味だそうです。

石灰や肥料をまきます。土の科学的な性質(PH)として酸性からアルカリ性までありますね。日本の土は酸性が多く、また酸性だと育ちにくい野菜も多いので、アルカリ性の石灰をまくことで中和させます。

マルチをかけて、種や苗を植えました。マルチとは、畑の表面を覆うビニールなどの資材です。雑草がもりもり生えたり、土が乾燥したり、雨で肥料が流れることなどを防いでくれる優れものです。

収穫編は次回で紹介します!

この記事が気に入ったら
いいね ! お願いします

Twitter で
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
アオヤマ

アオヤマ

投稿者の記事一覧

5くり管理人。栗山6年生。今年はシカにぶつかりたくないです

関連記事

  1. 満開!真っ赤に燃える「ツツジ山」が見頃です。 日蔭地区月山
  2. 「かぼちゃぱん」おばあちゃんが作るやさしい味(非売品)
  3. こんなことあったんだ。当サイトの歴史とか分かる入門編。 5くりダ…
  4. スマホ用ガイド「日光まるごと体験ナビ」をチェックしてみたら、栗山…
  5. 参加者は過去最高の千人超え! 栗山ふるさとサマーウォーク2012…
  6. 【ガソリンスタンド 山越油店】全国紙で掲載された「ふるさとの風景…
  7. 日光&紅葉ファン必見。1本の県道でゆったりたくさん楽しめる。栗山…
  8. 純正土呂部産「メープルシロップ」。1番しぼりが完成

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

人気のアウトドア体験ツアー

【鬼怒川源流・栗山ツアー2017】全20種!関東最後の秘境 アウトドア体験ツアー 【ご報告】はじまりの春。旅女子向け人気旅行ガイド本「ことりっぷ」とコラボ!

ご当地おみやげが人気!

  1. 【新しいご当地おみやげ】世界初?サンショウウオファンのためのタオルハンカチ「サンカチーフ」

かなりゆるい栗コラム

PAGE TOP